どうして脱毛サロンの方がクリニックよりもいいのか

脱毛サロン"脱毛に関しては、もちろんクリニックでも行うことができます。
いわゆる医療脱毛をするのですが、そちらに通う人も多いかもしれません。

ただ、やはり脱毛においては、脱毛サロンの方がいいと言う人が多いです。
では、なぜ脱毛サロンの方が、クリニックよりもいいのでしょうか。

まず、脱毛サロンは料金が非常にリーズナブルです。
クリニックの場合は、かなり高額な料金が必要となるので、どうしても気軽には利用できないのです。

その点脱毛サロンであれば、学生の人でも利用できるほどの価格設定ですから、手軽に脱毛をすることができるのです。
たとえ全身脱毛であっても、決して手が出ないような金額ではありませんから。

また、脱毛サロンは非常にサービスが充実しています。
クリニックでの脱毛はあくまでも医療行為なので、決してサービスが良いとは言えません。
しかし脱毛サロンは、サービス業でもあるわけですから、接客対応からカウンセリング、そしてアフターケアまで充実したサービスを提供してくれるのです。

ですから、気持ちいい気分で脱毛を行うことができますし、施術が終わった後の充実感も脱毛サロンの方が大きいと思います。
それらは、なかなかクリニックでは味わえませんから。

ただ、好みや考え方は人それぞれですし、クリニックだからこそのメリットもあるわけですから、どちらを利用するか自分の意思で考えるようにしましょう。

人の意見やいろんな情報を参考にすることも大事かもしれませんが、何より自分で考えて決めることが最も重要ですから、最後は自分でどちらを利用するのか決めるようにしましょう。

光脱毛の仕組みについて

現在の脱毛施術方法のスタンダードな存在となりつつあるのが、光脱毛と呼ばれるものです。
ニードル脱毛から、レーザー脱毛へと時代が移り、その後も様々な脱毛方法が誕生してきましたが、現在は、キレイモやシースリーといった人気の脱毛サロンも採用している光脱毛がスタンダードな状況になっています。

ここでは光脱毛の仕組みについて紹介していきましょう。

毛周期を利用した脱毛方法

髪の毛もそうなのですが、体毛にも毛周期と呼ばれる、毛が成長し、抜け落ち、更に発毛活動が行われないという周期を繰り返しているのです。

光脱毛は、この毛周期の中の毛が生えてくる成長期のタイミングに合わせて、光のエネルギーを毛根などに照射し、毛は成長しようとするパワーを弱らせてしまおうとする脱毛方法なのです。

光脱毛はサロンやマシーンの違いなどによって、IPLと呼ばれたり、フラッシュなどと呼ばれる場合もありますが、基本的なシステムは同一だということを覚えておきましょう。

また、主にこの成長期が巡ってくるのは、2ヶ月に一度のペースとされているため、脱毛のタイミングも、このサイクルに合わせることが一般的です。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

一昔前のメイン脱毛方法だったレーザー脱毛と、現在主流の光脱毛では、何が違っているのという疑問をお持ちの方も多いことでしょう。
まずアプローチの仕方に関しては、両者ともベースになっているものは一緒です。

違いは、その波長と照射のエネルギーによる違いだとされています。
レーザーの場合、体毛一本レベルの狭い範囲のターゲットに対して、強い波長のエネルギーを照射するというのが一般的です。
一方で、光を使ったものであれば、約500~1200nmといった広範囲を一挙に脱毛することができ、更にエネルギーが弱いという特徴があります。

マシーン自体に制限を設けられていますから、特殊な免許なども必要なく、エステティシャンレベルでも利用をすることが出来ますが、レーザーの場合には、ある程度の資格などが必要だとされています。